【金魚膳〇、咲ひかり✖】らんちゅう飼育9か月目【砂利交換】




Pocket

1.はじめに

特に変わりなく、3匹とも元気です。
変わりなかったので、特筆すべき点もなく更新の感覚が空いてしまいました。
今回は以前に買っていた砂利の交換をようやく実行できました。

2.9か月目

Before
ロカボーイ

After
大磯沙

GEXの金魚の砂利(五色石)を使っていましたが、白の砂利は色飛びの原因になる説があったので変更を検討していました。
今回は水作の大磯砂に変更しました。
8か月以上使った砂利を全部換えてしまうと、水質変化が大きいと判断し五色石を少し残しましたが白はやはり目立ちます。
写真よりは底砂利は全体的に暗くなっています。

交換して、1週間経ちましたがらんちゅうさんたちの様子に変化はありません。
心なしか、らんちゅうさんたちの色が少し濃くなったような気がします。

夏の高温を心配していましたが、特に体調の変化もなく元気でした。
水温が30℃くらいでもいつもと変わりありませんでした。
らんちゅうさんたちはとても飼育しやすいと思います。

餌について以前に咲ひかり色揚げ用沈下性を購入した旨を書きました。
しかしながら、今は与えていません。
理由は与えると消化不良のような症状が起きるからです。
少量にして与え続けてヒカリ菌の定着を試みましたが、糞の調子がよくありませんでした。
普通の量を与えると浮き気味になり、危険を感じました。
そして夏の気温の暑いときでもだめだったので、諦めました。
また、沈下性と書いてありますが、沈下するのが遅いのも不満でした。
ほぼ浮上性なので、らんちゅうさんたちが水面に集まって来ていました。
良くないとされるエア食いの懸念が高まりました。
さらに、色揚げ効果は実感できませんでした。
金魚膳
大分減っているように見えますが、小分けにしているので大分余っています。
咲ひかり
餌は非常に大事なので、もったいないですが廃棄です。
(これは、我が家のらんちゅうさんたちの実体験であり、全てにあてはまるとは限りません。
所謂、「個人の感想」です。)

最初に与えていた金魚膳に変えると、糞の調子もよく消化不良が見られません。
餌も直ぐに沈んでくれて金魚膳が我が家のらんちゅうさんたちに合っているのだと思います。
消化不良について小麦粉云々がよく言われていますが、金魚膳も小麦粉が入っているので要因は様々でしょう。
咲ひかりに限らず色揚げ用は消化に悪いと聞きますが、その通りでした(個人の感想です。)。
今回の餌の件ついては、はっきりと違いが出ました。

餌は大事です。

3.おわりに

夏も元気にしていてくれて安心しました。
これからも早めの判断を心掛けていきたいです。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です