1匹も病気・☆にさせずにらんちゅう飼育7ヶ月目




Pocket

1.はじめに

らんちゅう飼育を始めて半年が経過しました。
変わらず元気に泳いでいます。
特に変わった点はなく、強いて言うとヒーターを外したことでしょうか。

2.7ヶ月目

特に変わったことはありません。
大きさもほとんど変わっていないはずです。
ここでお迎えしたころの写真と見比べてみましょう。

Before
らんちゅう
らんちゅう
茶らんちゅう

After
らんちゅう
茶らんちゅう

Before
江戸錦

After
江戸錦

冷凍赤虫を週2回、金魚膳(増体用)を1日2、3回与えていましたが、思ったより大きくなりません。
定規で測ると、オレンジが約1.5センチ、茶色は1センチ弱程度大きくなっています。
なお、茶色のは黒らんちゅうとして売られていました。
見た目だと長さはあまり変わりなく、腹回りが明らかに太ったのがわかります。
最初の頃の写真は引きの写真ばかりしかなく、アップの写真が残っていませんでした。
水換えの頻度は週2回で、6月までずっとヒーターをいれていました。
現在は金魚膳から咲くヒカリ(色揚げ用)に変えています。
特に江戸錦はお迎えしてからお腹周りが少しふっくらした程度で縦には成長していません。
水槽の大きさの問題もあると思いますが、個人的に思うのはお迎えが遅かったんだと思います。
らんちゅうを大きくするには、条件があるということでしょう。

最初は大きくなったら水槽を変えないといけないのかなと要らぬ心配をしていました。
今は大きくすることより、病気にならないようにすることを第一に考え餌の量を減らしています。

江戸錦はオレンジと茶らんちゅうの1か月後にお迎えしましたが、一番人慣れしています。
具体的に言いますと、私が近づくと真っ先に近寄ってきますし、私の動きについてきます。
色変わりした個体は既にある程度出来上がっていることの一例でしょう。

なお、オレンジと茶は同じホームセンター、江戸錦は別なホームセンターでお迎えしました。

3.おわりに

半年も一緒にいるので、金魚の世話が生活の一部になっています。
金魚の生態についても理解が深まってきました。
変わらずお世話を頑張りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です