新川帆立著「倒産続きの彼女」の読書感想




Pocket

レビュー:★☆☆☆☆

驚くほど内容が薄っぺらかった。
きっと、対象年齢が違ったのだと思う。
優秀な人ほど、難しいことを誰にでもわかるように平易に説明できるということだろうか。
きっと中学生でも難なく読める文章や内容になっている。
私もキッズの頃、山田真哉氏の「女子大生会計士の事件簿」を全巻揃えたのを思い出した。
良いところは直ぐに読め終えることができることだ。

一応ミステリーということなので、ネタバレは極力控えたい。
あらすじは、弁護士法人勤務の女性弁護士が引き受けた案件の調査中に事件に巻き込まれるというシンプルなものだ。
人が何人も死んでいるのでミステリーとということなのだろうが、伏線もトリックもなく直線的な物語で意外性は微塵も感じなかった。
謎というほど謎もなく、好奇心は全く駆り立てられなかった。
そして全てが解決しきっていないし、設定が名探偵コナンの黒の組織みたいな設定で煙に巻かれた感は否めない。
苦労話も全く苦労話に感じられず、人生観みたいなものも表面的で共感できるところがなかった。
実写化しやすい、わかりやすい作品だとは思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です