カボンバ(水草)をらんちゅう水槽用に購入した件




Pocket

1.はじめに

結論から言うと、水槽に入れずに捨てました。
なぜ捨てたのかについて書いていきます。

2.購入理由

・見た目の向上

・水槽環境の向上への寄与の期待

3.捨てた理由

・砂利で固定するのが大変

・水が汚れる

・変な生き物等が付いてる

・わざわざリスクをとって環境を変える必要がない

購入したのは、カボンバ10本セットでした。
セットになって鉛で束ねられているものを購入しました。
たまたま売っていたので、勢いで購入しました。

購入してからいろいろ導入について調べました。
農薬の問題等があり、直ぐに水槽に入れることはしませんでした。
2ℓのペットボトルに入れて様子を見ることにしました。

カボンバは底に固定する必要があるので、砂利で固定することにしました。
しかしながら、10本すべてを固定するのは非常に難しい作業でした。
直ぐに何本かは外れてしまい率直に面倒だと思いました。
また、水に入れると葉がとれ大量に水中に舞い汚くなりました。
フィルターがあったら直ぐに詰まっていたことでしょう。

何とか固定して、日当たり良い場所に置いていました。
すると、2日目あたりに小さいタニシが壁に付着して動いていました。
スネイルってやつですね。直ぐに取り除きました。
また、1週間も経たないうちに水が臭くなり始めました。
水の色自体は透明でしたが、やはり抜けた葉が水中に漂っていました。
砂利とカボンバしか入っていないのに水質が悪化したら、たまったものではありません。
何回か水を取り替えて3週間ぐらい様子を見ましたが、舞う抜けた葉で見た目が良いとは言えないし、水が綺麗になることも実感できませんでした。
購入理由に書いた事前の期待がかなえられずメンテナンス等で面倒が増えるだけという結論にいきつきました。
水草を育てるために二酸化炭素の充填など特別なことをしなければならないなら、なおさら不要だと考えました。
3週間経ってもカボンバ自体は枯れませんでした。かなり小さくなったカボンバはありました。

カボンバに何が付いているかもわからないですし、抜ける葉がやっかいでした。
カボンバを入れるメリットよりも、デメリットの方が多いと判断し水槽に入れることなく捨てました。試しに入れてみるというリスクは取りません。
金魚水槽にカボンバを入れられている方は、メンテナンスがしっかりできる上級者だと個人的に思います。

4.おわりに

良い勉強になりました。この先、水草を試すことはないでしょう。
なくても我が家のらんちゅうさんたちは元気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です