約3か月間プレイしたドラガリを引退した話




Pocket

1.はじめに
タイトルのとおり、約3か月間プレイ(ログイン)したドラガリを引退した。
そのことについて書いたものである。
あくまで個人の感想である。

2.引退した理由
約3か月間プレイして一度も楽しいと思った瞬間がなかったからである。

先ず、ドラガリを始めた理由から話すと、ゲーム配信が任天堂であるからである。
任天堂の配信するオリジナルゲームアプリは、どんなものか非常に興味があった。
プレイしてみて、任天堂らしさがあったのかどうかは分からなかった。
今後、任天堂のゲームアプリだからといって、プレイしたいとは思わない。

中途半端なゲームであったと思う。
DSのゲームを移植したかのようなゲームであった。
指で移動等の操作するのが非常に面倒であり、
操作性の基本的なシステムが私には合わなかった。
他のスマホゲームは大体はポチポチとタッチ
するだけの操作性を考えた仕様になっている。
それに比べると周回等をするのが煩わしく、
ゲームアプリでやりたいとは思えなかった。
ドラゴンクエストをプレイするのなら、
家庭用ゲーム機でプレイしたいということである。
操作性は、家庭用ゲーム機系であるが、
ガチャそして限界突破などの育成はゲームアプリ系であった。
この組み合わせが、私には良い組み合わせだとは思えなかった。

オート設定も知っているが、オートにすると
直ぐに必殺技を使うし、ドラゴン化しないなど
使える仕様ではなかった。

また、オリジナル作品であるので、キャラクターは当然
オリジナルキャラクターである。
だから、他のIP作品と比べるとキャラクターへの愛着が
なかった。
例えば、ドラゴンボールのゲームアプリであれば、
好きなキャラクターが既にいる。
その好きなキャラクターがガチャで出れば嬉しいと思う。
ドラガリの場合は、特に好きなキャラクターがいないので
ガチャでの一喜一憂の一喜がなかった。
もともとの愛着がないのである。
特に絵が好みとは言うわけでもなかった。

私にとっては、ただ操作が面倒くさいだけのゲームだった。
3か月プレイして、やりがいは感じられなかった。
ゲームアプリでは3か月は短いかもしれない。
一方で、家庭用ゲーム機で考えれば、余裕で全クリしている時間だ。
タイムアップ!!

3.BOX紹介
竜輝の護符の方が出やすい。
ナジャーフの護符は1枚限界突破に使っている。
ガチャの天井の意味は、あまりない。
星5キャラ確定チケットの配布などもあり、課金しなくてもある程度の戦力は揃う。



育成が面倒であった。
最初から、マナサークルや限界突破など拡張性が高い。
武器に、ドラゴン、竜輝の護符と装備品が多いこと。
私は、逆にそれが面倒で合わなかった。
愛着がないキャラクターの育成を続ける意味を見出せなかった。

4.おわりに
私はゲームアプリには、単純明快を求めている。
それに合わなかったということである。
合わなくても、好きなIP作品であればもっとやり込んでいたが、
オリジナルの作品なので、そういう熱量は沸いてこなかった。

最後に良かった点を挙げると、BGMである。
DAOKOさんの主題歌・挿入歌には、ワクワクさせられた。

これにて、私のドラガリライフは終了である。
ゲームの判断をするには、時期尚早かもしれない。
それでも未練は全くない。
サンキュー、ドラガリ!

マスター:クレア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です