今泉さんの欅坂46のご卒業について




Pocket

1.はじめに
2018年8月7日(火)に今泉佑唯さんが欅坂46を卒業することが発表された。
公式サイトのブログを読ませていただいた。
欅坂46の俄かファンであるが、思うことを書いたものである。

2.思うこと
ブログを読むに「卒業おめでとう!」と言っていいのかどうか悩む文面であった。
やはり体調等が優れないのかと推測されるものであった。
ブログに「前を向きたい。前を向かなきゃ・・・」
と書かれていて、前に進むためのポジティブな決断であったと考えたい。
昨日今日で急に決まる話ではないので、今までのグループ活動、真剣に悩まれていた日々等々を含めた今回の決断に敬意を表したい。

欅坂46で初めて卒業を許されたメンバーと前向きに捉えることもできるだろう。
「欅って、書けない」でプレゼンした「白塗り今泉」を披露するなどして笑顔で卒業して欲しいと願うばかりである。
メンバーの中で一番表情が豊かな方だと思っていた。
もちろん、今後の芸能活動も応援したい。

3.おわりに
いつかはこの日が来るだろうと思っていた。
ただ最初に卒業するのが今泉さんだったのは驚きであった。
サイレントマジョリティーの21人のパフォーマンスをPVで見て俄かではあるが、応援するようになった。
いわゆる箱推しでもあるので、残念というか寂しいところはある。
そして、最後の7thシングル「アンビバレント」に参加されていないは、やはり残念だ。
パフォーマンス等難しいところがあったのだと推測される。
ゆいちゃんずの活動をもっと見たかったといのうが本音である。

今後も何かしらの本人からのメッセージ等があることだろう。
お疲れ様というのにはまだ早いだろう。
その日まで厳かに見守りたい。

【追記】
2018年11月4日(日)の個別握手会@京都パルスプラザが欅坂46としての最後の活動となった。
21人の欅坂46は本当に素敵でした。
お疲れ様でした。

マスター:クレア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です