【ドッカンバトル】3周年イベントを振り返る




Pocket

1.はじめに
現在のアカウントは1周年1週間前に始めたものである。1周年、2周年、そして今回の3周年とアニバーサリーイベントは3回目である。
ドッカンバトルは毎度アニバーサリーイベントは盛大に開催し、ユーザーへの還元が大きい。今回は、早くも3周年イベントを振り返る。

2.3周年イベント
今までとの一番の違いは、通信障害が起きなかったことだろう。1周年、2周年とサーバーが何度も長時間にわたりダウンし、ログインすらできない状態になっていた。それが今回は、なかった。その分詫び石がなく少し残念な部分もあった。全体としてみれば、龍石の配布はいつもより少なかった。
いつの間にか定番になったサイレントドッカンフェス。ドッカンフェスの開始時刻を知らせないこと及びログイン日数の変更時間を午前0時から午前4時に変更していたことは、2周年のときとは違いそれが功を奏した部分があるだろう。
ナメック星イベントで孫悟飯(幼年期)を潜在解放をマックスにするイベントは、良イベント言えるだろう。使える強キャラであり、意外とスムーズに達成できた。現在ギニュー特戦隊の新イベントが始まっているが、ドッカンバトルのお得意の煩わしく時間が取られるイベントであり、もっと爽快感があるイベントが欲しかった。イベント自体はあまり多くなかったといえるだろう。

3.3周年のガシャ
ドッカンフェスも定番となっているWドッカンフェスだった。こちらもお決まりの30連引いたら10連無料という仕様だった。もちろんはこれは、ありがたい。いつもと違うのは、ドッカンフェスにLRを投入してきたところである。ドラゴンボール屈指の人気キャラクターの超ベジットと超ゴジータが大当たりのLRという3周年にふさわしいピックアップだった。他のピックアップは少し控えめにした感があり、あまり強くない新規の悟空とベジータを2枚ずつ計4枚のURの追加と古いフェス限キャラクターであった。ピックアップの数と質に難があった言える。
そして、3周年ガシャチケットという配布チケットを1日に3枚も配ってくれた。3周年ガシャはSR以上しか出ず、フェス限はいないがLRが出るというワンチャンがあり夢があるガシャだ。
今回の3周年では「LRのあり方」が問われたイベントだった。3周年イベントは、LRの特別感が失われたイベントでもある。
なお、私は伝説降臨ガシャはスルーである。

4.個人の感想
ドッカンフェスで爆死していたときは、「3周年、何がめでたいの?」といった感じであった。
しかしながら、諦めずに引き続けとうとう約120連目で↓を引き当てることができた。

ドッカンバトルというのは、この刹那の喜びを味わうゲームであり、満たされた瞬間であった。
次に、3周年ガシャについては、現在SSRの確率は19/148で12.8%である。イベント途中でAppStoreランキングの1位獲得の報酬として、33枚が2度計66枚ものチケットが配布された。そのおかげもあり、↓の引きをすることができた。

時系列でいうと、LRボージャックを手に入れてから、5日後ぐらいにLRベジットを引き当てた。ドッカンフェスが爆死続きであったこともあり、ボージャックが出てもあまり喜びはなかった。しかし、LRベジットが手に入った今、ガシャを振り返れば、3周年イベントトータルで見て満足いく結果と言える。
あらためて、ガシャゲーであると実感した3周年である。

5.おわりに
twitter界隈は、相変わらず殺伐としている。ドッカンテーブルを初め、今までガシャの仕様等々ユーザーには多くの不満がくすぶっている。その中でも、またAppStoreランキング1位を取るのがドッカンバトルである。そして、なんだかんだで3周年を突破している。数字的なものだけを見れば凄いことである。とりあえず、「3周年おめでとうございます」というお祝いの言葉で今回は締めくくりたいと思う。今後としてはドラゴンボール超との連動が気になるところである。
つづく

マスター:クレア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です