【おすすめ】2020年に買った漫画の読書感想




Pocket

1.はじめに

2020年に買って読んだ漫画についてレビューです。
2020年に買ったものの中で風の谷のナウシカなどの古い作品や年齢制限があるようなものは除いています。
ただの個人の感想です。

2.レビュー

鬼滅の刃
おすすめ度:★★★★★

空前の大ブームを引き起こしている作品なので、それだけでも一読の価値あり。
柱が登場してから急激に面白くなった。
柱が登場するのは、ちょうど現在アニメ化されている最後の部分である。
無限列車編はまさに柱である炎柱・煉獄さんが活躍するところであり、ここから上弦との戦いが続き柱が大活躍する。
ここからが本当に面白い。
だからこそ、現在アニメ化されているところだけを見て、面白くないとするのは時期尚早。
主人公の炭治郎を軸として歯車が動き出すが、炭治郎の同期や柱は全員見せ場があり全員がヒーローだ!
無惨様のパワハラ会議なければ、下弦の戦いでもう少し物語を引き延ばすことができただろうが、そうしなかったことによる展開の速さがあり、緊張感がある目の離せない戦いが続き中盤以降に面白さが凝縮されている。
公式ファンブック鬼殺隊見聞録2は実質24巻のようなものであり、かつワニ先生(作者)の考えや裏話がわかり、ぜひここまで読みたいところだ。
好きなキャラクターは、伊黒小芭内。

進撃の巨人
おすすめ度:★★★★★

人間を食べる巨人を殲滅するダークファンタジー。
だが、実は主人公側の人間全員が・・・。
最初は、単純に巨人を殲滅する格闘ものだと思っていた。
それだけでも立体機動装置など迫力ある戦闘シーンで面白かった。
それがまさか、こんな深い設定があるとは思ってもみなかった。
今年で完結するが、伏線の回収は漫画では随一だ。
別冊マガジンで、毎週連載ではないからじっくりとシナリオを練ることができたのだろうか。鬼滅の刃は割と「え?」と思ってしまう当初との設定の違和感があったが、進撃の巨人はシナリオに矛盾を感じず、ここに繋がっていたのかと感嘆してしまうほどだ。
好きなキャラクターは、リヴァイ兵長。

カッコウの許嫁
おすすめ度:★★★★☆

タイトル通り、高校生の許嫁たちによるラブコメディー。
普通の許嫁と違うのは、病院で取り間違えた子ども同士が許嫁になっていることだ。
以前にも感想を書いたが、

私は作者の吉河美希先生の大ファンである。
前二作である、「ヤンキー君とメガネちゃん」と「山田くんと7人の魔女」は文句なし星5である。
では、今作をなぜ星4にしているのかというと学校生活というところが前二作に比べると少し物足りない。今作は恋愛(四角関係)によりフォーカスしていて今までとは漫画の軸が異なっている。五等分の花嫁のように3人のヒロインにフォーカスされすぎていて、他の目ぼしいキャラクターがいない。
もちろん3人のヒロインは非常に魅力的である。
現在はまだ5巻までしか出ていないので、ここからさらに楽しくなると思うので期待を込めて星4とした。おすすめの漫画であることは揺るぎない。
好きなキャラクターは、瀬川ひろ、そばっしー。

五等分の花嫁
おすすめ度:★★★★☆

五つ子の姉妹と貧乏学生風太郎とのラブコメディーである。
絵がとても上手く、五つ子がそれぞれ異なる個性があり非常に魅力的であり読んでいて飽きない。
全14巻と長くはなく、伏線を回収しての清々しいハッピーエンドだった。
星5ではなく星4にした理由は、中盤以降は風太郎のハーレム状態が続きお腹いっぱいであった。少年漫画あるあるではあるが、もう少しツンデレのツンの部分を伸ばして欲しかった。最後は他四姉妹に彼氏やパートナーがいて幸せになっていた方がしっくり来るが、一人だけ結婚して、他の姉妹は変わらず風太郎に好意を寄せているかのような読者に媚びたヲタクの脳内ファンタジー作品で終わってしまった。
とどのつまり、魅力的な五つ子ちゃんの作品である。
好きなキャラクターは、中野三玖。

昭和天皇物語
おすすめ度:★★★★☆

昭和天皇の生涯にフォーカスした作品。
私は日本史が好きなので、おすすめ度が高い。
皇室を題材にしているので、感想の表現が難しい。
大学受験のような試験に直接役立つようなものではないが、勉強になることが多々あり漫画なので活字よりも情景等も含めて頭に入ってきたやすい。
絵の上手さは感じられないが、読みにくさは全くない。
好きなキャラクターは、不敬につき省略。

健康で文化的な最低限度の生活
おすすめ度:★★★☆☆

面白さを求めるのではなく、生活保護のリアルを描いた作品。
既に吉岡里帆さん主演でドラマ化された。
あまりにリアル過ぎて、目を背けたくなるがページをめくる手が止まることはなく読み進めてしまう。
生活保護について無知で批判する人や公務員が楽だと思っている人に読んで欲しい読書に考えさせる教養ある漫画だ。
好きなキャラクターは、栗橋千奈。

ドラゴン桜2
おすすめ度:★★★☆☆

とりあえずドラゴン桜の最新作出してみた本というのが感想だ。
以前にも感想は書いたが

前作のインパクトを超えるものはない。
前作のメインの登場人物が引き続き登場し、その後を知れるのがもっとも面白いところかもしれない。
好きなキャラクターは、水野直美。

アンサングシンデレア
おすすめ度:★☆☆☆☆

病院内薬剤師の話であるが、個人的に中身が薄く興味が持てなかった。
西野七瀬さん出演するドラマの影響で3巻まで読んだが、それ以降読みたいとは思わなかった。
薬剤師にフォーカスしたところが斬新だと思うが、リアルを追求した故に普通の人がただ一生懸命に仕事をしている漫画以外の感想を持たなかった。
好きなキャラクターは、該当者なし。

乃木坂の詩
おすすめ度:★☆☆☆☆

絵は好きだった以外の感想が特にない。
ボーイズミーツガールにしては、意外性がなく、ときめきがゼロだった。
好きなキャラクターは、該当者なし。

3.おわりに

2020年は小説はほとんど読まず、漫画やラノベを多く読んだ年でした。
昨今は古い作品のリメイクや再アニメ化などに力を入れている中、鬼滅の刃などの新作も豊作な年だったと思います。
漫画をまとめて大人買いすると意外と大きな出費になりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です