【欅のキセキ】アニラチケット争奪戦の結果に涙が止まらない!




Pocket

1.はじめに

リアル報酬の大目玉である3rdアニラチケット争奪戦
の結果等について書いたものである。
4億PT超えでチケットを獲得できなかったユーザーがいた。
一方で、その約半分の2億強のPTで獲得しているユーザーがいた。
前から思っていた「どうなのかな?」という疑問を書いたものである。

2.結果

メンバーについて敬称を省略させていただいている。
ご了承いただきたい。
〇メンバーごとのランキング表

〇総合ランキング

<参考>
〇ひらがなくりすます2018ライブチケット争奪戦
3位までライブチケット確定

3.結果の概要

・メンバーごとのボーダーに関係なく、総合ランキング上位を目指すユーザーがいる

・競争が起きていないメンバーレーンが多い

・レーン並びを間違ったユーザーは悲惨な目に遭う

・いびつなボーダーとなっている

4.注意点

PTについて桁が凄いので錯覚するが、
1千万PTでも十分ガチ勢である。
日程の希望は総合ランキング順で通るようである。
メンバー選びは固定日(最終日の3日前)まで変更可能である。
ボーダーは、メンバー選択によって大きく変わってくる。
イベントの開催期間が、以前よりも長くなっている。

5.感想等

情報、交流、計算等により、上手く棲み分けが行われているようだ。
運営さんは、稼ぐチャンスを逃していると感じる。
確定枠順を総合ランキングにすれば、一目瞭然のボーダーとなる。

もしくはワイルドカードとして、チケット確定を逃した
上位何名かを確定にするなどした方が好ましい結果になると思う。
34名がライブチケットを獲得している中、
総合ランキングで5位に入って、チケットなしはどうなのかなとは思う。
今回くらいのいびつなボーダーになると、情報戦と言え徒党を組みたくもなる。

そもそもとして、ライブチケットを目指して最後まで走りきるユーザーが
極めて少ない。全ユーザーの1%にも満たない。
それだけ、高く険しい頂であるのは間違いない。
だから、ほぼ全ユーザーに関係ないと言ってしまえばそれまでである。

6.おわりに

これだけは書き残して置きたかった。
現状では、リアル報酬は情報戦の要素も大きい。
もちろん情報だけあっても、どうにかなる世界でもない。
アンコールを周回するのには、忍耐力や体力が必要だ。
末筆ながら、走られた方に敬意を表したい。

マスター:クレア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です