【DQライバルズ】リセマラランキングについて




Pocket

1.はじめに

DQライバルズのリセマラランキングは、
非常にシンプルである。
それは、英雄(ヒーロー)カードである。

2.英雄(ヒーロー)カードの理由

DQライバルズでは、英雄(ヒーロー)カード以外は、
錬金石というアイテムで交換可能となっている。
錬金石は、主にガチャ等で引いたカードを処分(売却)
することで入手可能となる。

現時点で、英雄(ヒーロー)カードだけはガチャでしか手に入らない。
ただし、1枚だけはスタート時配布されるメダルで
英雄(ヒーロー)カードを選んで入手できるようになっている。
他には、課金のおまけなどでも入手できるときがある。

3.リセマラランキング

2019年の2月22日に配信開始される第6弾まで、
含めて英雄(ヒーロー)カードは全5枚となっている。

デッキの用途によって、それぞれのカードの優先度は
変わる。
できるだけ多くの種類を持っていた方が、
使えるデッキの幅が広がる。
英雄(ヒーロー)カードは、唯一無二の存在である。

なお、DQライバルズでは同じカードについて、
レジェンドレアは1枚、
その他は2枚までしかデッキに入れられない。
つまり、同じ英雄(ヒーロー)カードを
2枚持っていても意味がない。

引くのは、英雄(ヒーロー)カードが入っている第5弾と第6弾になる。

第5弾「勇気の英雄譚」

「ロトの血を引く者」、「勇者ソロ」、「勇者エイト」
※「ロトの血を引く者」については、ゲーム内で配布予定があるので要注意
勇者杯2018冬の優勝者が、「伝説のカード」として選んだことによる。
配布は、2019年3月前後となりそうである。
→これから始める人は、配布前か配布後かを要確認
配布前の場合は、「ロトの血を引く者」は大当たりではない。(2枚あっても1枚しか使えないため)
配布カードは通常とデザインが異なる。

第6弾「小さな希望のシンフォニー」

「レックス」、「タバサ」

この5枚が登場(予定含む)している英雄(ヒーロー)カードである。
大当たりは、「勇者ソロ」、「勇者エイト」、「レックス」、「タバサ」
の4枚となる。
「ロトの血を引く者」を配布後に始めた人は、「ロトの血を引く者」を
含めた5枚が大当たりである。

繰り返しになるが、英雄(ヒーロー)カードでの優劣は、
デッキによって異なるので付けられない。

4.おわりに

英雄(ヒーロー)カード以外のカードが、
錬金石で手に入るということは最初に知っておくべきことである。
何かの参考になれば幸いである。

マスター:クレア

<画像の著作権者について>
(C)2017, 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です