【DQライバルズ】運ゲーの領域に達した件




Pocket

1.はじめに
私は、DQライバルズをプレイして14日目になるプレイヤーである。
既に運ゲーという壁にぶちあたった記録である。
恋するフォーチュンタロットゲームだ。

2.現在の状況

ランクマッチは、プラチナ3である。
ここから上がれない。
勝ったり、負けたりの繰り返しである。
ゲマの手札を引くたびにダメージや、
レッサーデーモンのダメージなどの
ハマりコンボをかまされるとイラっとくる。
相手の手のひらで踊らされていたことに
気づいたときの沸き立つ感情よ。

一方で、こちらの引き(運)が良く、
ポンポン召喚できていくと楽しい。
特にやりたい組合せが終盤で決まって、
勝つのは快感がある。

テンプレにいかに早く、又はタイミングよく持っていけるか
を競うゲームである。
実際の紙のカードゲーム同様であり、
プレイ歴が浅い私でも、ランクが高いユーザーに勝てるのは
良いところだ。

一方で、勝てない時は勝てないのでプレイ日数を重ねていったときに、
面白さを感じ続けられるかは難しいところかもしれない。

対戦相手がランダムなので、相手の職業等々を予測できないところも
ゲーム性がある。

14日目で、割と限界に達した感がある。
手持ちのカードで組めないデッキもあったり、
トレーニングもまだ全てクリアしていないので
やることはたくさんある。

今は非常に楽しんでプレイしている状況である。

3.私のBOX
レジェンドレアの紹介である。



結構引きは良い方だと思うが、ダブりが多い。
今日もパパスが2連続、りゅうおうも2連続で出るという無駄な引きの良さをみせた。
こないだはクロウズが2連発で出たりと偏りがあるのかもしれない。
配布カードやら、錬金石で手に入れられるようなので、あまり向きにならずにやっていきたい。
スーパーレアが鍵を握っている場面が多いと感じる今日この頃である。

4.おわりに
今からプレイしても充分に楽しめるゲームである。

勝率を上げていくことが目標である。
ランクマッチは永遠にプレイできしまうので、
プレイ時間が長くなってしまうのが課題である。
引き続き楽しんでプレイしていきたい。

マスター:クレア

<画像の著作権者について>
(C)2017, 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です