進撃のジャンプチ




Pocket

1.はじめに
ジャンプチヒーローズ(以下、「ジャンプチ」とする)のリリース前の広報活動等の躍進が止まらない。
事前登録者数が50万人を超え、公式ツイッターのフォロワー数が6万8千を超えている。
リリースは今春とされいて、未だリリースされていない中で盛り上がりを見せている。
この事前広報活動等についての感想を書きたいと思う。

2.感想
少年ジャンプとLINEの強みが活かさされた結果だと思う。
少年ジャンプは言わずと知れた人気週刊マンガ雑誌であり、現在50周年アニバーサリーを迎えジャンプ展を開催するなど旧作品を中心とした盛り上がりを見せている。
LINEとはコミュニケーションアプリを中心としたサービスであり、大手のSNSと言っていいだろう。
この巨大コンテンツの相乗効果により、現在の盛り上がりが創出されていると考えられる。
今までのゲームアプリの事前登録キャンペーンでは、登録者数の多さによってリリース後のゲーム内のアイテムの配布をするというものが主流であった。
これはジャンプチでも採用されている。ジャンプチでは、これに加えてフォロー&リツイートによってモバイルバッテリーやタンブラーをプレゼントするキャンペーンを実施している。例えば現在行われているキャンペーンは、
実施期間:2018年3月16日(金)15:00~3月21日(水)14:59
プレゼント内容:オリジナル モバイルバッテリー (30名様)
といったものだ。これによって毎日のようにリツイートされジャンプチというワードが拡散されている。
このようなゲーム内のアイテムではなく、現物をプレゼントする事前キャンペーンはゲームプアプリでは少ないと思う。
ツイッターで映画等の告知ではよく使われている手法であるが、SNSを上手く使った活動と言える。
他にもジャンプチに登場予定のキャラクターのLINEスタンプを無料配布するなど、LINEの強みを生かした活動が行われている。
リリース予定を発表してから、1か月以上経つが尻すぼみではなく、末広がりのような発展、盛り上がりを見せている現在の状況は広報活動の上手さを称賛するしかない。
最初の「週刊少年ジャンプ創刊50周年記念の集大成」というキャッチコピーを見たときには、言うねぇと冷ややかに思ったものだった。
創刊50周年記念週刊少年ジャンプ展VOL.2は3月19日から開催され、少年ジャンプは益々の盛り上がりを見せ集大成に向けて加速している。
現在ジャンプチは、この加速に寄与する存在となっているだろう。ジャンプチの公式ツイッターでは週刊少年ジャンプ展ツイッターののツイートをリツイートするなど、フォロワー数を生かした貢献がされている。
気になる点として、ジャンプ作品のキャラクターを前面に出したアピールが続くが、ゲームシステム等の仕様についてはよくわかっていない。
例えば、どのようなパズルゲームか、リーダースキルがあるのか、課金ポイントはどこかや今発表されている参戦作品が一気に出るのかなどである。
肝心のゲームの中身を評価された事前登録者数になっているかどうかは判断しかねる。

3.おわりに
リリース後のスタートダッシュは約束されたも同然だろう。そして、事前登録キャンペーンによりリリース後に配られるアイテムが多くなるのは決まっているので、リセマラ等でDL数は伸びるだろう。この盛り上がりがどこまで持続するかに注目したい。
また、個人的にはこの事前登録者数やフォロワー数がどのような数字となって、リリース後に現れるのかに特に注目したい。
最後に、一ジャンプファンとして、このゲームのリリースを楽しみに待ちたい。

マスター:クレア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です